ライフスタイルから導いた機能的な間取り

ライフスタイルから導いた機能的な間取り
デザインセンスが光る自然素材の快適空間

平面図にさっと目を通しただけでも、その変身ぶりには驚かされる。
リフォームといえば内装や設備のリフレッシュが一般的だが、壁をすべて取り払ってスケルトンの状態にして、
オリジナルの間取り設計ができるのもリノベーションの魅力。
Oさんの住まいには、その魅力が最大限に発揮されている。

和室を洋室に、キッチンをアイランド型に変更してLDKを広く。玄関横にはシューズクローゼットを兼ねて多目的に使える土間を設け、寝室との間にはサービスルームも。と、紹介しても、この個性的なレイアウトがイメージできる人も少ないだろう。平面図を見れば、ある程度は理解できたとしても、この空間構成の魅力はそこに入ってみなければなかなか実感できない。

自分たちの住みたい空間、自分たちの個性やライフスタイルを表現できる空間。そんな希望を現実の形にできるのがリノベーションの魅力だが、この部屋はまさにその典型だ。

Oさん夫婦は結婚2年目でマイホームを検討し、ニーズの平均値を求めてしまう既存のマンションの間取りやデザインには満足できないだろうと、早い段階で、立地やライフスタイルを優先できるリノベーションを選択。マエダハウジング不動産の紹介で住み慣れたエリアに物件を見つけ「自分たちのわがままを120%実現」した、オリジナル空間を手に入れた。

間取りのプランニングは、まずキッチンからスタート。「どうしてもこれが置きたかった」というTOYOキッチンの「BAY(ベイ)」は、意外にも奥さまではなくご主人の希望。広くゆったりとしたLDKを確保するために寝室は玄関側にセットバックし、家族構成を考えて洋間のひとつはサービスルームと広い土間スペースに生まれ変わった。

壁は珪藻土、床はウォルナットと自然素材をふんだんに取り入れた心地よさにもこだわり、アールをつけたコーナーや廊下のフロアアップライトなど、デザインにも妥協は一切なし。あらゆる部分にオリジナリティが反映され、それでいて「予算オーバーしなかったのが不思議」と、コーディネーターの頼もしさにも感心するOさん。理想の暮らしは始まったばかりだ。

個性的なアイテムでお気に入りの空間に彩り

  • インテリア画像01
  • インテリア画像02
  • インテリア画像03
  • インテリア画像04

キッチン周りのコーディネイトはさりげなく機能的

キッチン画像01

キッチン画像


ストッカーはキッチンのデザインにコーディネートしたメタル製。高さもほぼ同じで使い勝手もいい。

カップボードはサイドボード調のロータイプ。「こだわりはない」と言う食器類はシンプルさが基本


ハイセンスな部屋に生えるスタイリッシュなデザイン

インテリア性の高いTOYOキッチンの「BAY」。足付きのスマートなフォルムで、リビングやダイニングに居ても圧迫感がない

土間スペースを設けたユニークな玄関周り

廊下はフロアアップライトのみでも十分な明るさを確保している

玄関横の土間スペース。自転車置き場や納戸など多目的に使える


寝室の壁や床もLDKと同じ珪藻土とウォルナットの自然素材。リビングとの間仕切りに設けた窓
がアクセントになり、やさしく心地いい空間に

サービスルームはウォークイン
クローゼットに。 玄関横の広い土間までそのま
ま抜けることができる。


将来の子供部屋に
  洋室の壁は3面が桂藻土。いちばん広い部分には青みがかった
  グリーンのクロスを貼ってモダンな印象に

内装画像


シャワーにこだわりをプラス

グローエ社製のレインシャワーを設置。
浴室にはあえて鏡や棚などを付けずスッキリに

多面鏡と幅広の洗面カウンターで使いやすく

脱衣所・洗濯スペースと洗面台を仕切る小壁に鏡を設けることで、空間に奥行き感と明るさを与えている


遊び心+オシャレ心

アフター&ビフォー画像

マイホームを考え始めたころから、既存のマンションは面白みがないだろうと、リノベーションすることに決めていました。
マエダハウジングは不動産からリフォームまで、すべて相談にのってくれるので、安心して任せることができました。
アイデアもたくさん出してもらい、仕上がりは予想以上、希望以上と言ってもいいかもしれませんね。
訪ねて来る友人も「これが中古マンション!?」と、みんな驚いて、いつも住まいの話で盛り上がっています。


既に会員の方はこちらからログイン

ログイン

リノベーション事例

物件情報