予算内で住みたい空間にナチュラルリノベーション

広島市南区F様邸
予算内で住みたい空間に ナチュラルリノベーション
家族が馴染んだ生活環境をできるだけ変えたくないと、
新旧問わず物件を探し、めぐり合ったのが築30年の中古マンション。
物件が古いこと以外は希望条件を数多く満たしていたため、リノベーションで家族が心地良く過ごせる空間を実現することを決意。素敵な空間実現に至るまでには、奥さまのさまざまな工夫と努力があった。
ご主人の通勤に便利なエリアで暮らしていたFさん一家。同じエリアでマイホームを持ちたいと、約1年前から新築、中古、一戸建て、マンション問わず、希望に合う物件を探していた。そんな時に不動産会社から紹介されたのがこの中古マンション。「古い物件でも、少しでも安く購入して自分たちの希望に合った生活空間に作り替えればいいと思っていました」という奥さまは、この物件を見て即決。南向き、風通しの良さなどの条件を満たしていた上、子どもの生活環境を大きく変えたくなかったことも理由の一つだった。依頼する業者は、数社の中からマエダハウジングに決定。本で物件事例を見て、工事費用が明確だったことや自然素材を多用していたことなどがその理由。予算を500万円に設定し、Fさん一家のマイホーム作戦が始まった。

一番重視したのは、家族が一緒に過ごせるLDK空間を広くすること。そのため、和室との間仕切りをなくして一つづきの空間に変更。床は完全バリアフリーにするため、寝室と洗面室の高さに合わせて上げた。マンションならではの工夫として、床に貼るパイン材の下にはコンパネ、その下にパーティクルボードを敷き、ゴム製の脚で支える防音構造に。壁には、漆喰に珪藻土を配合し、下地まで自然素材というインナーコートを採用。床のパイン材やドアのナチュラルな色合いと白い壁が心地良いコントラストを描く屋内は、とても心和む空間だ。システムキッチンは、当初は既存のものを使う予定だったが、素敵に生まれ変わったリビングを見て、ウッディな装いが気に入ったステンレス製に買い替えることに。ナチュラルテイストが基本の家だが、キッチンや洗面室にモザイクタイル、押し入れ内や寝室の壁にカラーのクロスを貼るなど、随所に奥さまの遊び心が感じられる。これほどのリノベーションを、設定以下の予算で実行できたことは実に見事だ。
解放感をます工夫とモザイクタイルで明るく
頭上の吊り戸棚で閉鎖的だったキッチンは、これを取り去るとともに、持っていた食器棚の高さに合わせて奧の壁際の天井を上げたことで開放感を創出。ガステーブルの周りの壁にはオレンジ色のモザイクタイルを貼った。
もともと和室の押し入れと床の間だった収納空間。
戸を開けると鮮やかなブルーが。
自然素材の壁やインテリアで温もりあふれる心地良い空間に
子どもたちのワークスペースにもなるよう、リビングの一角には造作した木製カウンターが。
椅子は、1本の木から切り出した、使い方自由の立方体を活用
廊下の床にはLDKと同じパイン材を貼り、ドアの質感や色合いに統一感をもたせた。
LDKと廊下を隔てる木製ドアにはチェッカーガラス。ここを開けておけば風通し抜群。
寝室の壁には、暗くなりがちな廊下の明るさを確保するためガラスブロックを埋め込み、深みのあるブルーの壁クロスを貼っている。
造作棚に奥さまが購入した洗面台を置いた洗面脱衣室。
照明のシェードはモザイクタイルと同系色に塗装。
トイレの壁は一面のみオレンジに。洗面台は「配管が見えてかわ
いい」と奥さまが3万4900円で購入。
浴室は「半身浴をゆったり楽しみたい」というご主人の要望で、マンションにしては広めの
1坪に。高級感を漂わせる色合いの浴槽をセレクト
ビフォーアフター
リノベーションを終えて
予算オーバーを避ける工夫はいろいろ
床や壁、ポイント的な色合いなどがとても気に入っています。おかげで家事がはかどるようになりました。驚いたのが、リビングで焼肉をしても壁がすぐにニオイを吸収してくれるのか、その日の夜中にはほとんど臭いません。インナーコートの効果は予想以上でした。
絶対に予算オーバーしたくないと思い、照明のシェードを塗ったり、ドアノブは雑貨屋さんで安く購入するなどのさまざまな工夫は、コストダウンにもつながりました。他にも変えたいことはありますが、またいずれできればと思っています。
物件購入価格:1600万円 リノベーション費用:490万円

既に会員の方はこちらからログイン

ログイン

リノベーション事例

物件情報