音楽と緑が生活に彩りを添える料理好きの集うカフェ風LDK

ダイニング
音楽と緑が生活に彩りを添える

ダイニングキッチンを広く素敵な空間にしたいと考えた奥さまは、リフォーム業者選び・比較サイト「ホームプロ」を使ってリフォーム業者数社に相談。見積価格は真ん中だったが、来訪した担当者が親身になってプランニングを考案。信頼できそうだという確信がもてたことから、施工をマエダハウジングへ依頼することに決めた。プランニングでは、料理好きの友人たちが集まって一緒に料理ができるよう、ダイニングキッチンを増築することに。さらに開放感を増すために庭に面した窓を大きくし、勾配天井とあらわし梁、天窓の開口を奥さまから要望した。奥さまは、自らの思い描くLDKの姿を具体的にコーディネーターに伝えようと、エクセルで図面を作成し、イメージに合った写真も添付。このおかげでコーディネーターとの意思疎通もスムーズにできたそうだ。

キッチン

キッチンと窓の間の天井は傾斜をつけた勾配天井に。新たに開口した天窓からも明るさを取り込むことができ、昼間はほとんど証明がいらないほど明るい。

キッチン

持っていたワインセラーや冷蔵庫もピッタリ収まるように造り付けたキッチン収納。大工の提案で勾配天井と梁の間に設けたくぼみが、空間に変化をつけてくれている。

キッチン

アイランド型キッチンは、3口余横並びのIHクッキングヒーターを備えたPanasonic製を採用。床材は、水に強くインテリア性も高いタイルを奥さまがセレクト。


ウッドデッキ施工前
ウッドデッキ施工後

友人たちとバーベキューを楽しむことも多いというウッドデッキは、ダイニングの延長感覚で使える。ベンチはデッキの端材を活用してご主人が自作した。


カウンター

ウッドデッキの一部を取り込む形で増築したLDKは、広さもさることながら開放感の増大とスタイリッシュさが印象的な空間へと生まれ変わった。広さを増した分、天井を支える柱が必要になったが、せっかくの視野の広さを狭めないようにと、LDKの天井の中央に梁を渡して鉄骨補強を行うことをマエダハウジングが提案。これが広々LDK空間の実現に大きく貢献した。大容量のキッチン収納は、冷蔵庫を含めすべてが隠れるため、見た目がすっきりとした印象に。半透明の引き戸の採用で圧迫感も感じさせない。壁は耐久性や調湿性に優れたスペイン漆喰で、屋内を明るく見せる効果も。さらに、ダイニングテーブルの背面にはCDとコンポがぴったり収まるカウンターを設置。横長のFIX窓とともに素敵な空間演出ができている。奥さまが思い描いた、柔らかい雰囲気とスタイリッシュさを両立したLDKは、まさしくカフェにいるかのような空間に。「イメージ以上の仕上がりに喜んでいます。コーディネーターの方のアドバイスにも大変助けられました」と奥さま。料理好きの友人たちとともにキッチンとダイニングを囲む回数も、今後また増えていくのかもしれない。

設計図

Reform Plan
ウッドデッキの一部を取り込んでダイニングキッチンを増築し、独立型だったキッチンを大きめのアイランド型に変更。掃き出し窓と出窓のあった庭側の壁はほぼ全面的に開口し、開放感を創出。柱を加えずに強度を維持するべく、天井に鉄骨補強を施している。大容量のキッチン収納、壁面を活用したFIX窓とCCD用のカウンターなどを新たに設けつつ、隣の既存空間とも違和感のないLDK空間に仕上げた。

リフォームを終えて

O様とコーディネーターの平岡さん

自分のなかで描いていたイメージをしっかり伝えることができ、要望をすべて実現してもらえました。細かい部分にまでこだわって要望させていただきましたが、担当者の方は信頼しておまかせできました。私が要望を言いやすい雰囲気を作ってくださったことも成功の理由かもしれません。柱を入れたくなかったため、強度不足が心配になったこともありましたが、鉄骨補強の提案をしてくださって、ことなきを得ることができて良かったです。これからは、今まで以上に友人たちと一緒にゆったりした空間で料理を楽しむことができそうです。


データ

ウッドデッキ

リフォーム費用/500万円
施工面積… 33㎡(10坪)
施工箇所… LDK
工事期間… 1ヶ月
築年数… 10年
種類… 1戸建て
家族構成… 夫婦
施工… マエダハウジング府中店

既に会員の方はこちらからログイン

ログイン

リノベーション事例

物件情報