フレンチ&ナチュラルな住むほどに落ち着く家

戸建てリノベーション

大型ショッピングモールに近く、交通至便な好立地に建つ3階建ての家。
Yさんはご両親から受け継いだこの家をリノベーションで再生することに。
快適性の向上はもちろん、白を基調としたフレンチテイストの雰囲気で
素敵な空間にしたいという奥様の思いが見事に結実した家になった。

戸建てリノベーション

府中町内の別の場所で暮らしていたYさん一家は、2年前までご両親が住んでいた家を大切に住み継ごうとリノベーションを決意。3階建ての2階と3階が住居スペースだったが、昼でも屋内は暗いうえ、夏は暑く冬は寒さが身にしみる状態で、住むには少し厳しい屋内環境だったからだ。キッチンが2階と3階の両方にあったり、使わない部屋があるなどの問題点も解消したかったという。業者は、約15年前にリフォームを依頼した際、コーディネーターの感性に共感し、満足度の高かったマエダハウジングを指定。店舗が近く、スムーズに対応してもらえることも決め手だった。
プランニングでは奥様が主体となり、断熱性の改善や、キッチンの位置を変えてLDKを広げるなど使い勝手の良い間取りに変更することに。和室を取り込んだLDKは約30帖もの広々空間になり、家族が憩う寛ぎのスペースに。さらに、奥様が特に思い入れが強かったのが内装。コーディネーターと一緒に住宅展示場で見た、自然素材を使ってリゾートホテルを思わせるようなモデルハウスのイメージをベースに、白が基調のフレンチテイストをプラスした空間をイメージ。「建具にもオリジナリティを」と、和室の引き戸のデザインを工夫したり、洋室の開きドアは白く塗装してドアノブにアイアンスプレーを吹き付けるなど、随所にこだわりが見える。2階の和室やシステムキッチンはそのまま活用するなど、予算内で納得のいくリノベーションを実行したのも成功の秘訣。テーブルコーディネートを楽しむなど、奥様のライフスタイルにもこの素敵空間が影響を与えているようだ。

戸建てリノベーション

以前からあったキッチンの位置を変えて対面型にし、家族との一体感を創出。薄い色合いの化粧梁がLDKの良いアクセントに

戸建てリノベーション

戸建てリノベーション

右は手つかずの和室への入口。すりガラス引き戸の廊下側のみ木枠を白く塗装し、カッティングシートを貼って、まるで窓の外に木々が枝葉を広げているようにも見える演出を施した

戸建てリノベーション

広々とした玄関ホールも、洋室のドアを含めてすべて白で統一。右手の玄関収納は、新たに造作して確保した

戸建てリノベーション

玄関ドアは外側も内側も鉄製に見えるようアイアン塗料で塗装。白い空間にマッチしている。階段横の通し柱まで白く塗装した

戸建てリノベーション

一面のみ異なるクロスを貼った2階トイレ。カウンターの排水管もアイアン風に

戸建てリノベーション

玄関ホールの天井には優雅な雰囲気をもつシャンデリア

戸建てリノベーション

既存のドアノブにアイアンスプレーでアイアン風に。予算を抑える手段

戸建てリノベーション

LDKの引き戸にはアンティークのステンドグラスをはめ込んでいる

戸建てリノベーション

LDKと一体化して使える和室は、間仕切りとなる引き戸のデザインを工夫。下段にチェッカーガラスを入れ、中央部には互い違いに板を入れて独自の引き戸になった

戸建てリノベーション

天井やふすまの貼り替え、畳の入れ替えをした和室。洋風の照明が溶け込み、LDKとのつながりも違和感なし

戸建てリノベーション

こちらも奥様が調達した照明。形も色合いも洋風ながら、和室に馴染んでいる

戸建てリノベーション

3階廊下にあった洗面台は取り替え、新たに造作してオシャレに

戸建てリノベーション

2階と雰囲気を変えた3階のトイレは、ビビッドカラーが目を引く空間

戸建てリノベーション

15年前にリフォームをしたときから担当の女性コーディネーターさんと好みが合い、建具のデザインを話し合いながら作り上げていったのがとても楽しかったです。時には大工さんにも相談に乗ってもらい、大満足の仕上がりになりました。実用性を考え、同じ主婦目線でプランニングしてもらったのも良かったですね。悩みながら考えて雰囲気を変えた2つのトイレが特に好きで、常にきれいにしていたいという意識づけにもなっています。友人にも好評で、家のどこを見ても気に入ったものに囲まれて暮らす喜びを毎日感じています。

戸建てリノベーション

既に会員の方はこちらからログイン

ログイン

リノベーション事例

物件情報