用途変換リフォーム約100年の古い蔵が母娘の居住空間に

リノベーション

コンバージョンリフォーム。約100年の古い蔵が母娘の居住空間に

のどかな田園風景の中に建つO様邸。家族5人で暮らす母屋は7年前にリフォームしたが、満足のいくものにならず、湿気やシロアリの被害にも悩んでいたことから再度リフォームをすることにした。マエダハウジングの存在はフリーペーパーを見て知っており、娘さんがHPでも同社のことを調べていた。「次にリフォームするならこの会社で」と考えていたことから、電話して安佐南店を訪問。お父様もHPで同社社長のブログを読み、信頼感を感じていたという。

当初は母屋のリフォームのみを行うつもりだったが、相談しているうちに物置代わりにしていた築約100年の蔵の再生にも話が及んだ。「見た目も古いし、長年地震や台風にさらされてきたから強度不足の心配もありました」とお父様。それでも、使わない物をこの機会にすっきり片付けて、母屋の2階に寝起きしていた娘さんとお孫さんの新しい居住スペースにできるよう、母屋と共に蔵の再生リフォームを決断した。

母屋は、基礎が低いために湿気が多く、畳まで傷んでいたお父様の寝室と隣の和室をリフォーム。土台から基礎をやり替え、お父様の寝室は和室から洋室に変更。断熱材をしっかり入れ、書斎カウンターも設けた。隣の4.5畳の和室は母屋と蔵をつなぐ廊下にし、母屋に足りなかった収納スペースを確保。外壁は漆喰と杉板を組み合わせた。「田園風景や母屋とも合う外観になり、気に入っています」とお父様。

リノベーション

蔵の1階はリビングとO様の娘さんの寝室を兼ねた。天井の梁やニッチがスタイリッシュ感を増している

リノベーション

収納の折れ戸の1枚には姿見を貼っているため、身支度を整えるのにとても便利。急だった階段は、勾配を緩やかにして架け替えた

リノベーション

階段下を最大限活用した収納スペース。空間を仕切る工夫も凝らされている

リノベーション

造作のニッチが白い壁面にアクセントを加え、雑貨が映えるすてきなディスプレー空間に

リノベーション

縁側だった場所には、収納スペースと書斎カウンターを設置。構造上必要な壁との間には棚を造り付け、空間を有効活用。床の間を撤去して窓を開口したことで、さらなる明るさも取り込めるようになった

リノベーション

お父様の寝室。押し入れが天井までの高さの大容量収納スペースになり、3枚扉の引き戸でより便利になった

リノベーション

リノベーション

屋根の補強のために天井が幾分低くなったが、同時に落ち着きも感じられる空間に。勾配天井になっているため、視覚的にはそれほど低さを感じない。好きな雑貨を飾るためのニッチもしっかり造作

リノベーション

リノベーション

蔵の再生はいわゆる「コンバージョン(用途変換)」。建物の用途を変更するリフォームであり、床や天井、壁には断熱材を入れて快適に暮らせる居住空間への転換を図った。冬は寒さの厳しい地域であることから、窓にはペアガラスを採用。「締め切ると車の騒音などもまったく聞こえません」というほど遮音性も高い。積雪を考慮し、建物の強度も高めた。蔵は娘さんとお孫さんの居住スペースにするため、お二人の要望で好きな雑貨が映えるようシンプルなコーディネートを実践。外観は落ち着いたグレーのサイディングに白いサッシでメリハリを付けたものになった。1階は娘さん、2階はお孫さんの空間で、どちらも明るい室内。「前は湿気が気になって、入りたい場所じゃなかったけど、今ではずっと過ごしたい場所になりました」とお孫さん。築約100年の蔵が美しく再生し、母屋と共に新たな時を刻み始めたO様邸。外構はこれからお父様自ら整えていくと言い、今後も少しずつ進化させていくようだ。

リノベーション

2階の部屋からつながるウォークインクロゼット。奥行きがあり、壁には大きな姿見も

リノベーション

階段を上がったところにある可動棚。大容量の書庫や収納スペースとして使える

リノベーション

調湿性に優れている蔵の壁はもともと約30㎝と厚いため、出窓のような形に。窓の外にはのどかな田園風景が広がり、心癒やされる

リノベーション

和室は勝手口を設けた廊下に変更。お父様の寝室との間を仕切るドアは引き込み戸に

リフォームプラン

母屋は2室の和室を洋室と廊下に変更。蔵は強度を増し、1階と2階に洋室を配置し、2階にはウォークインクロゼットも確保。外壁は、母屋は漆喰とスギ板、蔵はサイディングを採用。土台は母屋も蔵も新しく造り替えて安全性を増した。屋根は母屋の瓦に合わせて新しく葺き替え、蔵の屋根には補強を施した。

リノベーション間取り図

リフォームを終えて

O様ご家族

以前のリフォームであまり満足できず、今回は信頼できそうだと思えたマエダハウジングさんにお願いしました。特に蔵は安全性や快適性を心配していましたが、補強をしっかりしてもらうことで安心な家になりました。母屋では感じる湿気も、蔵では感じられないように思います。母屋の私の寝室は新しい窓の開口で風の通りが良くなり、収納力が高まったのがうれしいですね。工事中は職人さんの仕事ぶりも目にしましたが、とても丁寧な仕事ぶりでした。遠くに住む息子に、生まれ変わったわが家を見せるのが楽しみです。

リフォームを終えて

 
リフォーム費用 約900万円
施工面積 60㎡(18.15坪)
施工箇所 蔵、母屋の和室2室
工事期間 2.5ヵ月
築年数 蔵100年、母屋約50年
種類 戸建て
家族構成 夫婦+子ども2人+孫1人
施工 マエダハウジング安佐南店

既に会員の方はこちらからログイン

リノベーション事例

物件情報