不動産ってぶちおもしろい

不動産ってぶちおもしろい

実は大切な不動産の資産価値

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
不┃動┃産┃ニ┃ ュ┃―┃ス┃
━┛━┛━┛━┛ ━┛━┛━┛
No.15  【実は大切な不動産の資産価値】

┏━━ ┓
┃News┃実は大切な不動産の資産価値
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┏━━ ┓
┃Q&A ┃【「資産価値」の重要性について考えてみましょう】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「不動産の資産価値を高めましょう」
そんな話をすると「私は一生売らないのだから、資産価値なんて関係ないのよ!」
と言われることがあります。もちろん「資産価値」が最も問題になるのは、売却する時です。
ただ、実はそれ以外にも「資産価値」が関係してくる場面は多々あります。例を挙げてみます。

・家のリフォームを「ローン」で行う場合
子どもと同居する為に大規模リフォームを行う、雨漏りで屋根を葺き替える、
地震で出来たひび割れを補修するなど長年住んでいると想定外のケースで
リフォームしなければいけなくなることも多いもの。
その際、現金の出費を抑えてローンを検討する場合、
家の「資産価値」が問題になることもあります
(少額の「リフォームローン」であればほぼ問題にはなりません)。

・家を担保にしてお金を借りるとき
「家を担保にしてお金を借りる」というと
「私は商売しているわけじゃないしそんなことしない!」と思われるかもしれません。
ただ、最近は「リバースモーゲージ」と言って、
家を担保にして老後資金を借りることができるローン商品が流行しています。
「子孫に美田を残さず」という価値観もなくはないでしょうが、
より現実的な話としてよく聞くのは「お金の面で子どもに世話になりたくない、
面倒をかけたくない」というご意見です。現代的な価値観ですね。
ともあれ、家という「不動産」を「いざ」というとき、
お金という「動産」に変えることできるかどうか…
その分かれ目になるのが「資産価値」です。
「資産価値を高める」方法も「資産価値を落とさない」方法も
これからどんどんお伝えしていきたいと思います。


既に会員の方はこちらからログイン

過去の記事

物件情報