不動産ってぶちおもしろい

リノベーションと次世代住宅ポイント制度

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
不┃動┃産┃ニ┃ ュ┃―┃ス┃
━┛━┛━┛━┛ ━┛━┛━┛
No.23 【リノベーションと次世代住宅ポイント制度】

こんにちは! 2019年がスタートしてあっという間に2か月が過ぎようとしています。 今年、弊社では中古物件購入+リノベーションの楽しさや豊かさを皆さんに理解していただくために、様々なイベントやセミナーを開催しています。 参加された皆さんとお話する機会がありますが、どうして新築物件ではなく、中古物件購入+リノベーションを選ばれるのか、また興味があるのか聞いてみると ・新築はすべて決まっていてつまらない! ・個性を生かした部屋に住みたい! ・安い費用で好きな空間を手に入れたい! など、リノベーションを希望する方は、自分たちの予算の中で、理想の住まいを手に入れるための手段であると考えられているのでしょう。安い費用で手に入れられるだけではなく、なにより、リノベーションが楽しいから選んだという答えが大半です。 やはり、プロセスのおもしろさと、自分のライフスタイルが住まいとして体現されるワクワク感が味わえることが、今後、マイホームを持ち生活して行く中で、更に生活を豊かにしていることに繋がっていく気がします。

そのリノベーション・リフォームですが、消費税の増税に伴い、国からの補助金制度である『次世代住宅ポイント制度』が始まります。ここではリノベーション・リフォームについてのみ記載しますが、注文住宅の新築や新築建売の購入にも適用されます。 次世代住宅ポイント制度はいつからいつまでなのかと言うと、引渡し時期は消費税10%が適用される2019年10月以降であることが条件です。その上で、契約日はいつからかと言うと、リノベーション・リフォームの場合は、2019.4~2020.3に請負契約・着工をしたもの。2019.3に請負契約をした場合でも、着工が2019.10~2020.3となるものは特例的に対象となります。次世代住宅ポイント制度はいくらもらえるのかと言うと、最大60万ポイントになります。リノベーション・リフォームの場合は、各項目に細かくポイントが設定されています。一部だけ記載しますが、まだまだ沢山の項目があります。 断熱改修(内外窓、ガラス) 0.4~2万ポイント×箇所数 断熱改修(外壁) 5, 10万ポイント 断熱改修(床) 3万, 6万ポイント エコ住宅設備(節水型トイレ) 1.6万ポイント 耐震改修 15万ポイント バリアフリー改修(手すり) 0.5万ポイント バリアフリー改修(段差解消) 0.6万ポイント 家事負担軽減設備(ビルトイン食器洗機、掃除し易いトイレ、浴室乾燥機)1.8万ポイント 家事負担軽減設備(ビルトイン自動調理対応コンロ) 1.2万ポイント 家事負担軽減設備(宅配ボックス) 1万ポイント 若者・子育て世帯による既存住宅の購入を伴う100万円以上のリフォーム 10万ポイント 【出典:国交省HP】 リフォームの工事内容としては、断熱工事、省エネ工事、耐震改修、バリアフリー、家事負担軽減設備の導入となり、この基本項目で30万ポイント。中古住宅の購入あると追加で15万ポイント。さらに若者・子育て世帯だと追加で15万ポイントの合計上限60万ポイントと考えてください。ちなみに若者世帯は、40歳未満の世帯、子育て世帯は18歳未満の子を有する世帯となります。まさに、これからのマイホーム取得の世代に対して、中古物件購入+リノベーションの大きな支援になりそうです。制度の詳細は、国交省のHPで確認できますので一度ご覧ください。

中古物件購入+リノベーションで、マイホーム取得までの楽しさやしたい生活スタイルの実現、生活を豊かにする方法を是非、一緒にお話しできれば幸せです。不動産購入や補助金制度、資金計画、リノベーションなど何でも相談できますので、気軽にお問合せ、ご来店ください。

既に会員の方はこちらからログイン

過去の記事

物件情報