リノベーション成功のための
交渉ポイントNegotiation points for success

POINT1

現在の状況をすべて話し理解をしてもらう

まずは、相手を知ることです。
営業担当、ひいては会社の姿勢を、会話の内容や言葉遣い、態度から感じ取りましょう。

そのためには、自分のことばかり話していてはダメです。対等な『言葉のキャッチボール』が、コミュニケーションの原則です。

POINT2

会社の人、営業マンと良好な関係を築く

リノベーションに対する条件や思い、好みや性格などを知ってもらいましょう。
言いたいことは、遠慮せず、率直に言うことです。

そして家は完成して終わりではありません。その後のメンテナンス、アフターサービスなどの付き合いも考えて長いスパンで良い付き合いができる会社を選ぶようにしましょう。

POINT3

納得がいくまできちんと説明をうける

素人には分からないことが多いのは、当たり前です。
知りたいことや分からないことは、納得がいくまで説明してもらいましょう。

言われた通りに実行したら、どういう結果になるのか、価格の違いは将来どう影響するのか、などの着地点まで確認しましょう。

POINT4

営業マンやコーディネーターに自分の代弁者となってもらう

リフォームは共同作業であると考えて、信頼できる人間関係を築くようにしましょう。

注文者だからといばったり、専門家を知っていると圧力をかけたりするのは、かえって逆効果です。
営業担当やコーディネーターが、自分の代弁者になってくれるようなら、しめたものです。

POINT5

緊張感のない関係にならない

互いにわかり合える関係になっても、営業担当にお任せではいけません。
「適度な緊張」関係をつくることも重要です。

そのためには、時には鋭い質問をしたり、チェックしていることを気づかせるような対応をしたりする必要があるのです。

無料会員登録

会員様限定で「非公開不動産」をご紹介!
現在2,466件ご紹介可能!

事情により広告掲載できない「非公開不動産」を
会員様だけに限定公開しています。

今すぐ会員登録!